« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月28日 (土)

オリジナルセッテ・ピエゲのウールタイ

当社のオリジナルのセッテ・ピエゲのウールタイを開始いたしました。

Ncm_0277セッテ・ピエゲ(sette piega)とはイタリア語で7つ折という意味を持ち、芯地無しで作られる一枚仕立ての本物のネクタイのことを指しています。ちなみに英語ではセブン・フォールド(seven fold)と呼びます。通常ネクタイに使用する生地の倍ちかくを使用して1枚の生地を7回折ることによってネクタイに仕立てっていきます。
当社オリジナルで作成ということなので、実は様々な質感の生地を試して今回ようやく作成までこぎつけました。というのも当社は羅紗屋ですのでウール素材のスーツ地で作ろうとイロイロと試行錯誤を^^生地が良すぎても、厚すぎても、薄すぎてもと試行錯誤を繰りかえしてようやく完成いたしました。

使用生地:CANONICO(伊)&BOZZALLA(伊)
Ncm_0275_2
大剣と小剣で違う色を組み合わせることによってネクタイをずらしても使用できるようにもしてあります。
 
 ☆ 左:大剣(BOZZALLA)小剣(CANONICO)
 ☆ 中:大剣(CANONICO)小剣(CANONICO)
 ☆ 右:大剣(CANONICO)小剣(BOZZALLA)
大剣使用生地の生地ネームがネクタイについています。
もちろんウール100%で、仕立ては日本製です^^
…と今回は上記3色での販売を開始する予定です^^お店をかざる商品のアイテムに是非どうでしょうか?小売をご希望のかたはご相談を^^
☆当社ではオーダースーツ用の生地や紳士服の生地を探したり、違う用途で使用するのだけれども生地だけでも購入したい。とか、…ちょこっと聞きたいことがあるだけのお客様やこんな生地を探しているけと…などなど些細なことでも承っておりますのでどうぞお気軽にお問い合わせください。カシミアやハリスツィード等もそろそろ続々と現物やらバンチも到着いたしますので^^(※金額のみのお問い合わせの場合、卸会社の都合上お答え出来ない場合がございます)

また、2013-14AWのバンチ完成に合わせまして、ご新規等での弊社オリジナルバンチブックの配布の希望も合わせて承っております。バンチには限りがあり、残数もかなり減ってきておりますのでご興味をもたれたテーラーさんや新規にスーツの販売をされるかたや新規事業でスーツ販売をされる会社さんなど、当店のバンチを含めいろいろなバンチ希望のかたや新規に弊社とお取引希望のかたなどもお早めににお問い合わせくださいますようお願いします。

羅紗屋(紳士服地卸)とオーダースーツのコバテキのhpは  → こちら

2013年9月20日 (金)

AW当社オリジナルバンチ

ようやく朝晩は涼しくなってきましたねぇ^^まだまだ昼間は暑く相変わらずのノーネクタイの半袖シャツのサラリーマンが闊歩していますが、それでもようやく上衣も着用されてるかたが増えてきました^^

…とまぁそんなこんなで当社のオリジナルバンチブックもようやく出来上がって、ほぼ配布が終わって、他社のバンチやサンプルも続々と当社に届き始めております。
Ncm_0274a
今年も当社のはIMPORTED FABIRIC(舶来)は約100色、STANDARD COLLECTION(国産)は約85色と揃えております。舶来はCANONICOやSCABAL、DORMEUIL、LORO PIANA 、Zegna、DUNHILL、LANVIN等々、国産もニッケ、長大、ミユキ等々と非常に実用的なものを取り揃えました^^

2013-14AWのバンチ完成に合わせまして、ご新規等での弊社オリジナルバンチブックの配布の希望も合わせて承っております。バンチには限りがあり、残数もかなり減ってきておりますのでご興味をもたれたテーラーさんや新規にスーツの販売をされるかたや新規事業でスーツ販売をされる会社さんなど、当店のバンチを含めいろいろなバンチ希望のかたや新規に弊社とお取引希望のかたなどもお早めににお問い合わせくださいますようお願いします。

☆当店ではオーダースーツ用の生地や紳士服の生地を探したり、違う用途で使用するのだけれども生地だけでも購入したい。とか、…ちょこっと聞きたいことがあるだけのお客様やこんな生地を探しているけと…などなど些細なことでも承っておりますのでどうぞお気軽にお問い合わせください。カシミアやハリスツィード等もそろそろ続々と現物やらバンチも到着いたしますので^^(※金額のみのお問い合わせの場合、卸会社の都合上お答え出来ない場合がございます)

羅紗屋(紳士服地卸)とオーダースーツのコバテキのhpは  → こちら

2013年9月14日 (土)

made in Japanの生地

今回は日本製の生地の紹介です^^

最近はsuper150'S↑の生地がイタリー製でも英国製でも結構出てくるようになりましたが、本当に昨今ですらスゴク当たり前なんですけど、私が生地を触り始めたホンの十数年前(笑)はsuper表示すら珍しく、super120'sの生地なんて最高級に近かったんですよねぇ。普通に英国製fintexでsuper90'Sの生地が結構最高級に近いグレードでしたし…まぁ昔話に浸ってる場合ではなく、いつものように外国製ではなくmade in Japan(日本製)でも良いもの作っているということで…
Ncm_02651
長大(CHODAI)社製の逸品です^^
紺地の5mm幅のヘリンボーン柄(画面下地)はsuper150'S糸使用で10%Vicuna(ヴィキューナ)使用というもので、目付けは330g。
グレー地(画面上地)のほうは、そのまんま画面の通りPureCashmere、いわゆるカシミア100%の生地。コート等に使われたりするカシミアではなくスパンカシミア(SpunCashemre)で目付け310gというシロモノ。
いやぁ生地は流石に素晴らしいです^^ヴィキューナ入りのほうはSUPER150'S糸も使っているんですけど、ギュっと目を詰んで織ってあるので、昨今のSUPER160's等の品物よりも皺への回復製や耐皺度が高いです。(高super糸使用の最近の生地は結構目付けも軽く300g未満のものが多いです)これぐらいしっかり織ってあると羅紗屋としても生地への心配がなくて良いんです^^
一方のピュアカシミアのほうも流石にしっかり織ってあり、しっかりしすぎて一瞬カシミア100%ということをわすれそうなほどです。
ちなみにいくつか私もスパンカシミアの生地で作ったパンツを何本か所有はしているのですが、シャケットならまだしもパンツの場合、どうしても座るという行為がある分、どうしても摩擦の問題がおきます。もちろん、履き方や各個人の発汗量等いろいろ要素はありますが、個人的感触では国産品のもののほうが生地が毛羽立つ、ももける状態にはなりくいです。私の場合は特に状態をみるために態とパンツだけで作ったりとか、煩雑に扱ったりとかももしましたけれど過去の国産のスパンカシミアでほぼ問題がおきていません。多分この長大製の生地もこんだけしっかり織られていれば問題ないと思いますよ^^
今回のは着分のほかにもスパンカシミアの一部は反物でもございますのご興味のあるかたは是非^^しばらくはあると思いますよ♪

☆当店ではオーダースーツ用の生地や紳士服の生地を探したり、違う用途で使用するのだけれども生地だけでも購入したい。とか、…ちょこっと聞きたいことがあるだけのお客様やこんな生地を探しているけと…などなど些細なことでも承っておりますのでどうぞお気軽にお問い合わせください。カシミアやハリスツィード等もそろそろ続々と現物やらバンチも到着いたしますので^^(※金額のみのお問い合わせの場合、卸会社の都合上お答え出来ない場合がございます)

☆2013-14AWのバンチ完成に合わせまして、ご新規等での弊社オリジナルバンチブックの配布の希望も合わせて承っております。弊社の場合、バンチブックの発行部数はそれほど沢山の量は作成いたしませんのでご興味をもたれたテーラーさんや新規にスーツの販売をされるかたや新規事業でスーツ販売をされる会社さんなど、当店のバンチを含めいろいろなバンチ希望のかたや新規に弊社とお取引希望のかたなどもお早めににお問い合わせくださいますようお願いします。

羅紗屋(紳士服地卸)とオーダースーツのコバテキのhpは  → こちら

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ