« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

2013-14 秋冬(AW)用バンチ作成中♪

まだ梅雨すら明けてはおりませんが、当社では既に今度の秋冬物のバンチの作成にとりかかっています。

203早い!と思われるかたもいらっしゃいますが。これでも例年通りとなります^^
通常お盆明け頃から秋冬物の商戦がスタートするわけですが、それに間に合わせるようにバンチを作成するとなると、最低でも6月末にはバンチ分の生地だけは必要となります。ですのでコストは余計にかかりますがバンチ分の生地だけ各メーカーよりAIR取りし、反物はSHIPでゆっくりと8月中旬~下旬にとるということになります。
当社でも、まずインポート(舶来)から作成をはじめますので画像のように約100色×3.0mをバンチ順に並べて見本作成の会社に送ります。3.0mといえばスーツ分ですとほぼ1着分の生地の必要量になりますので、約100人分のスーツがバンチに消えていくことになります…これが結構コストを圧迫することにも繋がっているので昨今はバンチ形式から名刺大の生地をズラ~っと貼るブック型の見本も増えてくるようになってきました。まぁブック型だとタダでさえ生地の完成イメージが更に判りにくくなる弊害等もあり、一概にコストが…とも言っていられないのが悩ましいです^^;
更に今年は昨年末の政権交代から始まったアベノミクスの円安で価格も直撃気味で為替だけでも20%ほど動いており、今度のAWの生地は当社も含めてですが値上がり気味です(当社もかなり早めに手当てをしたり等対策をしたのですが、為替分ほどではなく若干ですが値上がりいたします…マコトモッテスイマセン^^;)
ちなみに、今年はCANONICO、Zegna、LoroPiana、SCABAL、DORMEUIL,]CLISSOLD、Reid&Taylor、Lanvin、DUNHILL等が掲載予定となっており、一応完成の目安は8月中頃の予定となっています。国産はもう1~2週間遅れになる予定です。

当店ではオーダースーツ用の生地や紳士服の生地を探したり、違う用途で使用するのだけれども生地だけでも購入したい。とか、…ちょこっと聞きたいことがあるだけのお客様やこんな生地を探しているけと…などなど些細なことでも承っておりますのでどうぞお気軽にお問い合わせください。また夏用のリネンやコットン素材やシルクサッカー等のサンプルなどもございますのでお気軽にどうぞ(※金額のみのお問い合わせの場合、卸会社の都合上お答え出来ない場合がございます)

AWのバンチ作成に合わせまして、ご新規等での弊社オリジナルバンチブックの配布の希望も合わせて承り始めました。弊社の場合、バンチブックの発行部数はそれほど沢山の量は作成いたしませんのでご興味をもたれたテーラーさんや新規にスーツの販売をされるかたや新規事業でスーツ販売をされる会社さんなど、当店のバンチを含めいろいろなバンチ希望のかたや新規に弊社とお取引希望のかたなどもお早めににお問い合わせくださいますようお願いします。

羅紗屋(紳士服地卸)とオーダースーツのコバテキのhpは  → こちら

2013年6月24日 (月)

BULMER&LUMB(バルマー&ラム)のkid mohair100%生地

今回は最近入荷した、モヘア100%の生地です。

Ncm_0200通常モヘア入りの生地の場合、モヘアの混紡量が高混率の場合(概ねモヘア40~60%程度)経糸にウール、横糸にモヘアを使用することが多いのですがこの商品は経横ともモヘア使いの商品です。モヘア100%の商品というのは実はあまりなくて、ErumenegildoZegna社からだされていたmohair trophyのシリーズの中にも少々でていた程度で、結構貴重なものです。今回は黒の反物で当店で入れてみましたので夏の礼服地にも使えるのではと^^また生地の品質もモヘア特有のハリや触感、光沢が更に増しています^^この独特のシャリ感がたまらないですよねぇ。
ちなみにメーカーも英国のBULMER&LUMBで織られており、英国製っぽい非常にしっかりとしたコシのある生地に仕上がっています。

まぁBULMER&LUMB社といえば1931年に英国のヨークシャ州で創業した生地メーカーであり、その傘下に複数のミルを持っていることでも知られている会社です。
ちなみに代表的な傘下のミルもTAYLOR&LODGE(テーラー&ロッヂ)やArthur Harrison(アーサーハリソン)、EDWIN WOODHOUSE(エドウィンウッドハウス)と日本でも結構知られているだったりしています^^

当店ではオーダースーツ用の生地や紳士服の生地を探したり、違う用途で使用するのだけれども生地だけでも購入したい。とか、…ちょこっと聞きたいことがあるだけのお客様やこんな生地を探しているけと…などなど些細なことでも承っておりますのでどうぞお気軽にお問い合わせください。また夏用のリネンやコットン素材やシルクサッカー等のサンプルなどもございますのでお気軽にどうぞ(※金額のみのお問い合わせの場合、卸会社の都合上お答え出来ない場合がございます)

そろそろ今度のAW(秋冬)もののバンチ製作にとりかかっております。今年のAWものは業界全体的に早めに動きそうです。弊社の制作も今年も国産とインポートの2冊をお盆前にはなんとか作成したいと動き出していますよ。
ご新規等での弊社オリジナルバンチブックの配布の希望も合わせて承り始めました。弊社の場合、バンチブックの発行部数は沢山の量は生産いたしませんのでご興味をもたれたテーラーさんや新規にスーツの販売をされるかたや新規事業でスーツ販売をされる会社さんなど、当店のバンチを含めいろいろなバンチ希望のかたや新規に弊社とお取引希望のかたなどもお早めににお問い合わせくださいますようお願いします。

羅紗屋(紳士服地卸)とオーダースーツのコバテキのhpは  → こちら

2013年6月 8日 (土)

シルク100%のコールズボン地

今回はコールズボン用の生地です。

コールズボンとは正礼装のモーニングコート、準礼装のディレクターズスーツで着用されるズボンのことなんですが、実は柄も結構あったりします。グレーの濃淡であったり縞幅の細太であったり…意外とただの白黒の決まったストライプだと思われてることが多かったりするんですよねぇ^^キホンは慶事には明るめで幅広、弔事には暗めで幅狭なものというふうにいわれております。
Ncm_0193
今回のSILK100%のコールズボン地というのは、実は結構レアなものでして、なんせそもそもからして結構お値段がお高い、おまけに用途が原則コールズボンでしか使用されないということであんまり作らないということであんまりどころか在庫を持っているところも非常に少ないです。当社でも画像の反物はウール地の三星毛糸とTAYLOR&LODGE(テイラーロッヂ)のもので、その横のズボン用にカットされているもの位しかありません。こちらはITALYのBASSOの商品となります。やはりSILK100%だけあってウール地と比べると流石に差があります。しかしながらこのBASSOの商品はかなりしっかり織ってあるのコシハリともに結構ある非常に良い風合いですよ

当店ではオーダースーツ用の生地や紳士服の生地を探したり、違う用途で使用するのだけれども生地だけでも購入したい。とか、…ちょこっと聞きたいことがあるだけのお客様やこんな生地を探しているけと…などなど些細なことでも承っておりますのでどうぞお気軽にお問い合わせください。また夏用のリネンやコットン素材やシルクサッカー等のサンプルなどもございますのでお気軽にどうぞ(※金額のみのお問い合わせの場合、卸会社の都合上お答え出来ない場合がございます)

ご新規等での弊社オリジナルバンチブックの配布の希望を現在承っております。残りの余剰部数もだいぶ少なくなってきており、また追加発行部等を行う予定などもございませんのでご興味をもたれたテーラーさんや新規にスーツの販売をされるかたや新規事業でスーツ販売をされる会社さんなど、当店のバンチを含めいろいろなバンチ希望のかたや新規に弊社とお取引希望のかたなどもお早めににお問い合わせくださいますようお願いします。

羅紗屋(紳士服地卸)とオーダースーツのコバテキのhpは  → こちら

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ