« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

AWサンプル生地更新

ようやくHP上の秋冬用の初回限定のお試しスーツ用のサンプル生地の更新が終わりました。
本来もっと早くにやるべきだったのですが、少々主PCの具合が悪くて大分時間がかかってしまいました。

今回のお試し用生地の種類は「MIYUKIもあり、ダイドーもあり、長大もあり、勿論ニッケのウェルウォームもご用意しています。
掲載するスペースがあまり無いので沢山はのっけていませんが基本の黒、紺、鼠の無地物等含めて結構な種類はご用意していますので興味のあるかたは是非お立ち寄りください。


今冬AW2011-12のバンチブック希望等や生地についてのお問い合わせなどのお客様は、HPのメールでも、電話でもどうぞお気軽にお問い合わせください。
勿論、生地だけでも購入したやちょっと聞きたいことがあるだけのお客様もどうぞお気軽にお問い合わせください。

羅紗屋(紳士服地卸)とオーダースーツのコバテキのhpは  → こちら


2011年10月29日 (土)

秋冬用着用スーツ

秋冬用の自分の着用スーツが出来上がってきました。
一応、これでも羅紗屋ですので毎シーズン着用を作成しています。

今回選んだ生地は
Ncm_00331

まぁ見た感じで判ると思いますがちょっと変わったストライプの入った生地です。
紺地に1.7センチ巾のブルーの波線ストライプとその間のブルーのダブルストライプが入ったあんまり見かけない柄がどうしても気に入って作ってしまいました。
今回の生地メーカーはSCABAL(スキャバル)で、勿論弊社AW舶来バンチの中からのものです。
正直、本当は同じスキャバルで縞巾の間隔が2.8センチほどある柄の紺か黒で悩んでいたのですが、折角なのでちょっと変わった柄で作成してみようかと。
このイロイロな生地で妄想している時間が楽しいんですよね(笑)


んでスッタモンダの上で出来上がってきたのが


Ncm_00311

ブリティッシュモデルの段返り、襟付きのチョッキつきでまとめてみました。
生地だけで見ると、結構派手目な感じがしますけれど、出来上がりは思ったほどには派手にはなっていません。
遠めですと普通の紺にブルーの縞に見えます。(写真は結構アップで写しています)

とまぁ今年の冬はこんな感じのものを着用しています。


今冬AW2011-12のバンチブック希望等や生地についてのお問い合わせなどのお客様は、HPのメールでも、電話でもどうぞお気軽にお問い合わせください。
勿論、生地だけでも購入したやちょっと聞きたいことがあるだけのお客様もどうぞお気軽にお問い合わせください。

羅紗屋(紳士服地卸)とオーダースーツのコバテキのhpは  → こちら


2011年10月22日 (土)

懐古調色チェック柄

今シーズンの国産バンチ(スタンダードコレクション)に写真のような懐古調なカラーのチェック柄をいくつか取り上げてみました。
所謂、寅さん柄のチェックといえば、判る人もいらっしゃるでしょう。
ここ数年、こういったチェック柄というのは意外とありそうで無く、あってもホントのレトロ物であったり、洋服屋さん等で廃業する際にでるようなものとかが大半でした。
今回のっけているのは柄はレトロ調ですけれど、国内、中善毛織製(ナカゼンケオリ)の純粋な国産物の反物で用意してみました。
Ncm_00261

結構ジャケット等に面白い柄だと思いますよ。ただこうして茶系のこのような柄を重ねますと結構地味ですね。(写真では判り難いですが現物はもう少し茶色味がかっています)

Ncm_00271

こちらのチェック柄もお試し価格での作成も可能ですので興味あれば是非見てみてください。


今冬AW2011-12のバンチブック希望等や生地についてのお問い合わせなどのお客様は、HPのメールでも、電話でもどうぞお気軽にお問い合わせください。
勿論、生地だけでも購入したやちょっと聞きたいことがあるだけのお客様もどうぞお気軽にお問い合わせください。

羅紗屋(紳士服地卸)とオーダースーツのコバテキのhpは  → こちら


2011年10月14日 (金)

WOOLEXPO ヴィキューナカシミア

ウールエキスポのVICUNA CASHMERE(ヴィキューナカシミア)所謂ヴィキャッシュというシロモノです。今年はウォームビズ推奨など外的要因もあるのでしょうが、カシミア100%や厳冬期のコート地や今回のヴィキャッシュの出足がかなり早いですね。

Ncm_0020_3

画像では判り難いですが反物であるほう(下)が芥子色、着分で写っている(上)がベージュとなります。

反物のほうが460G/m、着分のベージュのものはいまどきでは珍しい非常に目付けのある560g/mのものとなります。カシミアというと薄くて軽いものを想像しがちですが、本当の良いものは目付けがしっかりとあるものになります。なんせ目付けが増えれば増えるほどに上質のカシミア原毛がいるわけですしね。こういった560gのものでコートを作ると厳冬期だろうが、極寒の地であろうがドンと来い上体になりますよ。
ちなみに混紡率はCASHMERE95%、VICUNA5%となっています。

残念ながらカット対応可能なのは上記の芥子色とグリーン(ともに460g/m)の2色のみとなっており、ベージュのものは2.80mのコート着分のみが残3着ほど。

現物を触ってみたい、風合いを確かめてみたいといったご要望も承りますのでどうぞお気軽にお問い合わせください。
Ncm_0021_4

今冬AW2011-12のバンチブック希望等のお客様は、HPのメールでも、電話でもどうぞお気軽にお問い合わせください。
勿論、生地だけでも購入したいお客様もどうぞお気軽にお問い合わせください。

羅紗屋(紳士服地卸)とオーダースーツのコバテキのhpは  → こちら


2011年10月 3日 (月)

神田須田町

10/1TV東京放送のアド街で「神田須田町」が特集されていました。当店ともお付き合いのあるお店や結構知っているお店が多数でていて非常に興味深く楽しく見ましたよ。
この番組では、少し前には「神田岩本町」も放映されており、当店の隣接所在地ばかりが取り上げられるようです(笑)
まぁ残念ながら、隣接しているだけで当店の所在地は「神田東松下町」。微妙に神田特集をしても入らないようなところです。

しかし、見ていて思ったのは以前というか20年前、いや10年前と比べても須田町界隈もすっかり変化しましたということですね。実は変わっていないのはランクインしていたお店+一部の出ていない老舗店くらいじゃないのかな。昔は須田町は日暮里を凌ぐ、生地の街で羅紗屋街で賑わっていたのですが、今では。。。結構マンションも立ってしまったりで、秋葉原界隈にもなる特に神田川沿いなんて見る影も少なく、紳士服関連もポツリポツリといった程度で全く様変わりしちゃっていますしね。

まぁそんなこんなでちょこっといつもと違う話題でした。


今冬AW2011-12のバンチブック希望等のお客様は、HPのメールでも、電話でもどうぞお気軽にお問い合わせください。
勿論、生地だけでも購入したいお客様もどうぞお気軽にお問い合わせください。

羅紗屋(紳士服地卸)とオーダースーツのコバテキのhpは  → こちら

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ