« クールビズ素材:ミユキ(MIYUKI)のシャリック(SHALICK) | トップページ | 2011-12 AWバンチサンプル »

2011年6月25日 (土)

舶来版シャリック WESTWIND

まだ6月だというのに都内はすっかり真夏です。

先日の生地でも当社への注文が多い旨書いてみましたが、本当に多いです。スーツ地ではゼニア社のクールエフェクトをはじめ、ボッサルティ社のcoolmax素材、ミユキのシャリック、ジャケット地ではシルクサッカを代表とする軽くて涼しいような商品が、ここのところ盛夏用素材として非常に多いです。

Dscn1354
画像の生地は英国製のWESTWINDの生地でいあわば、英国版シャリックとなります。このWESTWINDというブランドはミルであるMINOVA社で織った盛夏用の生地です。
もともとこのMINOVA社はミユキが1979年に英国リーズ市に設立させた、当時はミユキの英国工場という位置づけであった為英国製のミユキ生地ということで盛夏用の素材としてWESTWINDを織っていた経緯があります。
まぁそのため見た目やら素材感が非常に似たものとなっており、当社でも舶来でシャリックみたいなものというご要望などには非常に好まれます。

こちらも紺無地は着分のみ、黒はかなちの小反ですが在庫としてまだ残っておりますので気になる方などはどうぞ、羅紗屋である当社にご来店の上、実際に是非触ってみてください。

サンプルやバンチなど小さい見本ではなく、実際の商品を触ってみることでよりイメージを近づけさせましょう。


羅紗屋(紳士服地卸)とオーダースーツのコバテキのhpはこちらから http://www.kobateki.com/

« クールビズ素材:ミユキ(MIYUKI)のシャリック(SHALICK) | トップページ | 2011-12 AWバンチサンプル »

生地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舶来版シャリック WESTWIND:

« クールビズ素材:ミユキ(MIYUKI)のシャリック(SHALICK) | トップページ | 2011-12 AWバンチサンプル »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

無料ブログはココログ